加齢臭 足

加齢臭で特に気になる足の臭い

 

足の臭いは、加齢臭の人だけの問題では無いようです。しかし、加齢臭で特に気になるところは、足でしょう。他にも口臭、便臭などが気になる方も多いと思います。

 

中でも足のムワッとした臭いが自分のことながらどうにも嫌なニオイで・・と感じている方も少なくありません。

 

足は汗をかきやすく、しかも靴を履いたまま長時間過ごしていると、靴の中は雑菌が繁殖しやすい環境になるので、どうしても嫌な臭いが発生してしまいます。

 

特に最近流行っているブーツの中は、高温で通気性が悪くなっているので、臭いが発生するようです。加齢臭の臭いを抑える方法は、靴の中がムレないようにすることです。

 

加齢臭の原因になる皮脂が出る腺は足の裏にはありませんが、足裏以外の皮脂腺から出た皮脂が、足の指の間や爪などに溜まって、靴を脱いだ時に嫌な臭いがします。

 

高温多湿な靴の中は、雑菌が次々と増殖していくだけでなく、水虫の原因になっている白癬菌などが繁殖します。

 

かかとなどは角質や垢が落ちにくい箇所なので、週に1〜2回はお風呂に入った時にフットケア用品で、きちっとケアするように心がけるのも良い方法です。

 

加齢臭の人は、まめに足を洗ったり替えの靴下を持ち歩く様にするのも良いでしょう。靴は通気性の良いものを選ぶようにする事も大切です。合皮より皮の靴の方がムレにくく、サイズはきつくない物の方が臭いを予防するには適しています。

 

雑菌の繁殖を抑えてくれる抗菌剤を練り込んだ中敷もあるので、利用してみましょう。