加齢臭 どこから

加齢臭はどこから臭う?

 

加齢臭の原因はノネナールという物質で、このノネナールは皮脂に含まれる脂肪酸が酸化することによって発生します。

 

皮脂とは、皮脂腺からの分泌物。

 

つまり、皮脂腺のあるところならば、どこからでも加齢臭が発生する可能性があるということです。

 

しかし、皮脂腺は体毛1本ごとに存在するものなので、身体全体にまんべんなくあるものではなく、集中している箇所とそうでないところがあります。

 

それと同様に、加齢臭も強く感じる場所とそうでない場所があるのです。

 

よく、加齢臭は耳の裏から臭うといわれます。

 

これは、首筋が皮脂分泌されやすいところであることに加え、ニオイのある汗を分泌するアポクリン腺が耳の裏や中にあるせいでしょう。

 

そのほか、皮脂腺が集中している頭や脇から臭う加齢臭も強く感じられるようです。

 

脇には、皮脂腺、アポクリン腺のほか、体温調節などのために汗を分泌するエクリン腺も多くあります。

 

エクリン腺から出た汗自体は無臭ですが、空気に触れて細菌に分解されることによって、臭うように。

 

そして、頭。頭のニオイのもとは、頭皮と髪のふたつ。

 

髪は、その性質により、周囲に漂うニオイをすぐに吸収してしまいます。

 

また、頭皮にはフケを原因とするニオイと毛根にたまった皮脂を原因とするニオイが。

 

これら脇・頭のニオイは中高年に限ったものではありません。

 

世代に関係なく、体臭の強い場所です。

 

そして、もともとあった体臭に、皮脂腺から出たノネナールが加わる。

 

それにより、強く不快なニオイになるといえます。