加齢臭の原因

加齢臭のもとは何?

 

加齢臭の原因となっているのは、ロウやニオイの強いチーズ、古書にたとえられることもあるノネナールという物質。

 

誰もが抵抗なく嗅げるニオイとは言いがたいでしょう。

 

ノネナールは、皮脂腺から分泌される皮脂が含む脂肪酸が酸化することによって発生します。

 

皮脂は、皮膚や毛髪を保護するためには欠かせない物質なのですが…。

 

もともと男性は女性に比べて、皮脂分泌量が多いとされます。

 

これは、男性ホルモンが皮脂分泌を活発にするため。

 

また、男性は皮脂を分解する力や脂肪酸を酸化させる活性酸素を抑える力が弱いといわれています。

 

つまり、男性はノネナールを発生させやすいということ。

 

「オジさんのニオイ」が昔からあっても、「オバさんのニオイ」がなかったのは、このためです。

 

しかし、加齢臭は男性特有のものではありません。

 

男性より少ないとはいえ、女性も皮脂を分泌し、その皮脂には脂肪酸が含まれているのですから。

 

脂肪酸を含んだ皮脂を分泌しているという点でみれば、10代や20代の男性・女性も加齢臭を発する可能性があることになります。

 

では、なぜ加齢臭は中高年以降のものとされるのでしょう?
年齢を重ねれば、それだけ血管には老廃物がたまっていきます。

 

これが酸化することにより、脂肪酸が増加。同時に、加齢によって、脂肪酸の酸化を抑制する力も減少します。

 

このため、加齢臭の原因となるノネナールは40歳を過ぎた頃から発生するとされているのです。