加齢臭 チェック

臭ってる? 臭ってない? 加齢臭チェック

 

一般的に加齢臭は40歳を過ぎた頃から発生すると言われています。

 

ただし、40歳というのは、単なる目安。

 

発生時期には、生活習慣や体質による個人差があります。

 

自分自身が発するニオイというのは、非常に気がつきにくいもの。

 

それだけに、加齢臭にも気づいていない可能性が。

 

まだまだ加齢臭を発する年齢ではない方も、そろそろ…という方も、一度チェックしてみてはいかがでしょう?

 

加齢臭だけでなく、思わぬ自分の体臭に気づくかもしれませんよ。

 

加齢臭・体臭のチェック方法

 

加齢臭発生の危険度を知るには、まず自分の生活を振り返ってみましょう。

 

食事や生活が不規則だったり、脂っこい料理が好きだったり。

 

また、喫煙や飲酒の習慣がある、ストレスがある、適度な運動をしていないなど、これらに該当する項目が多ければ多いほど、危険度は高くなります。

 

危険度ではなく、実際に臭っているのかどうか知りたいときは、家族など何事も遠慮なく言い合える間柄の人に聞いてみるのが一番です。

 

しかし、もしそういう人がいない場合は、自分でチェックを。

 

加齢臭は、全身から発生する可能性のあるものですが、頭や脇、首筋などが特に強く臭うとされています。

 

ですから、加齢臭をチェックするには、ふだん使っている枕や衣類などのニオイを嗅いでみるのが一番。

 

ただし、自分のニオイはわかりづらいものです。

 

自分のニオイがあまりしないところでしばらく過ごしてから、枕などを嗅いでみるとわかりやすいでしょう。

 

インターネットで加齢臭・体臭チェック

 

加齢臭や体臭の予防・消臭グッズを販売する会社のサイトには、チェック項目を設け、該当する項目の数で危険度を計れるようになっているページを設けているところが。

 

また、『セルフドクターネット』にも、ネット上で20の設問に答え、性別・年齢を指定することで、加齢臭疑惑度がパーセンテージ表示される加齢臭疑惑度チェックがあります。