加齢臭 活性酸素

活性酸素と加齢

 

身体にさまざまな害を及ぼす活性酸素ですが、じつは加齢臭にも大きく関係しています。

 

加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。

 

ノネナールは、皮脂腺から分泌される皮脂が含む脂肪酸が酸化することによって発生します。

 

この酸化に関係しているのが活性酸素。活性酸素は強い酸化力を持っています。その活性酸素の酸化力が脂肪酸を酸化させてしまうのです。

 

加齢臭が40歳以降に発生するとされるのにも、活性酸素が関わっています。

 

活性酸素は酵素やビタミンなどの働きによって分解され、無害化されるもの。

 

40代くらいまでは、この酵素が多く体内にあり、働きも活発です。

 

しかし、加齢とともに酵素も減少。活性酸素を分解する力も衰え、脂肪酸の酸化が促進されてしまいます。

 

よって、加齢臭の原因となるノネナールも発生しやすくなり、加齢臭の発生へとつながっていくのです。

 

活性酸素をもっと詳しく

 

多少なりとも身体や健康に興味を持っている人なら、一度は「活性酸素」という言葉を聞いたことがあるのでは?

 

活性酸素は生活習慣病や老化の原因になるとされていますから、中高年の方にとってはかなり気になる存在かもしれませんね。

 

とかく悪者として扱われがちな活性酸素ですが、じつは健康でいるために欠かせない機能も持っているのです。

 

ここでは、活性酸素の正体を探っていきましょう。

 

活性酸素が発生するメカニズム
人間が生命を維持するうえで、欠かせないもののひとつが酸素。

 

私たちは日々酸素を吸って生きています。

 

酸素は体内に取り込まれると、血液によって細胞に運ばれます。

 

細胞に運ばれた酸素は、そこでエネルギーを作ることに。そのとき、酸素とともに血液によって運ばれた栄養分から酸素に電子が渡されます。

 

酸素は電子を渡されるとどうなるのでしょう? 酸素から別の物質へと変化してしまいます。こうしてできるのが活性酸素なのです。

 

活性酸素の働き
活性酸素は、強い酸化力を持っています。

 

この酸化力で、体内に侵入した病原菌や細菌を分解したり、外部から入って来た微生物を排除したり、毒物を解毒したり。

 

これらが、ふだんはあまり目を向けてもらえない活性酸素のよい働きです。

 

活性酸素が病原菌や細菌を分解するのと同様に、活性酸素自体も酵素やビタミンなどの働きによって分解されます。

 

しかし、分解が追いつかないと活性酸素は身体に害を及ぼす悪者に。細胞やDNAを攻撃し、酸化させるのです。

 

この酸化によって、内蔵や骨などの組織がダメージを受け、老化やガン、生活習慣病へとつながっていきます。

 

活性酸素が過剰発生する原因
激しい運動をしたときや、ウイルスなどに感染したときなどに活性酸素は大量に発生。

 

そのほか、ストレス、喫煙、肥満、食品添加物の摂取、紫外線、排気ガスなども過剰発生の原因になります。