加齢臭 隠

香水で加齢臭を隠す

 

加齢臭対策に香水を使用する人は多いと思います。 しかし、香水には消臭効果はなく、体臭を隠すだけしかできません。

 

香水を付けるときは上手に使わないと、かえって悪臭に変わってしまう事があるのです。 香水をよく使用する欧米人は、日本人と比べてかなり体臭が強いです。ですから、昔から香水を付ける習慣がありました。 その為、海外の香水は体臭を隠せるように香りがとても強くなっています。

 

しかし、体臭の弱い日本人には海外の香水は少し強いようです。 汗というのは、他の成分と混ざり合うと強い臭いを出してしまう事があります。

 

香水は汗をかかない場所につける

 

よく腋に香水を付ける人がいますが、わきが体質の人だと臭いが変わりやすくなりますので、余計にわきがの臭いを強くしてしまう可能性があります。 ですから、腋の下に付けるのは止めるべきです。

 

香水を付ける時は、汗を拭き取って体を清潔にしてから使うと、汗と香水が混ざらずに、いい香りが持続します。

 

そして、汗をかきやすい場所にではなく、手首や耳の裏側など、汗がかきにくい場所や足元に付けるのも効果的です。 香水は下から上へ上がってきますので、時間が経つと上半身がほんのりと香ってくれます。

 

服に付ける場合も、服の表面にではなく内側に付けると香りもほんのりするくらいで調度良いようです。ただしシミになる場合がありますので注意が必要です。 香水の特性を理解していれば、加齢臭対策にとても役に立ってくれる存在です。