加齢臭 生活習慣

加齢臭の発生を促す生活

 

加齢臭は、皮脂に含まれる脂肪酸が酸化することによって発生するノネナールが原因となって発生するもの。

 

酸素が身体に取り込まれたのちに変化してできる物質・活性酸素が、脂肪酸を酸化させます。

 

活性酸素は体内にある酵素やビタミンなどの働きによって分解・無害化されますが、過剰に活性酸素が発生すると分解が追いつかなくなり、加齢臭を発しやすくなるのです。

 

つまり、加齢臭の発生を促す生活とは、活性酸素の発生を促す生活といえます。

 

では、活性酸素はどのような場合に発生するのでしょうか?

 

呼吸によって身体に取り込んだ酸素のうち、2?3%は活性酸素になります。

 

普通に生活しているだけでも活性酸素は発生するのです。

 

しかし、問題なのは過剰発生。活性酸素が多く発生するとされているのは、主に以下のような状態です。

  • 過剰な運動や肉体労働
  • 空気よりも高い密度の酸素の吸入
  • 体内に病原菌や細菌、ウイルス、微生物などが入った場合
  • 喫煙
  • 排気ガスや排煙の吸入
  • 強いストレスを受け、それが継続した場合
  • 過剰に紫外線を浴びたとき
  • レントゲンなどを含む、放射線を浴びたとき
  • 大量の飲酒
  • 食品添加物の摂取
  • パソコンや携帯電話などによる電磁波を浴びたとき
  • 肉食中心でバランスの悪い食事習慣

過剰発生の防止には、活性酸素を分解・無害化できる体内環境にすることも大切です。

 

活性酸素を分解する酵素であるSOD(Super Oxide Dismutase)は、加齢により、減少します。それを補うためには、食事が重要。バランスの崩れた食事は、活性酸素を過剰発生させるだけでなく、その分解にも悪影響を及ぼすのです。