加齢臭対策

食べ物で加齢臭対策

 

加齢臭の原因は、皮脂腺から出る皮脂に含まれる脂肪酸が酸化することによって発生するノネナールという物質ですが、脂肪酸の酸化には活性酸素が大きく関係しています。

 

つまり、過剰な活性酸素の発生を防ぐこと=抗酸化が加齢臭対策に。

 

食品のなかには、抗酸化作用に優れたものがたくさん。

 

これらを意図的に摂ることは、加齢臭の発生を防ぐことに。

 

ただし、単体ではその働きを十分に発揮できないのが栄養素。栄養素は、お互いに働き合って、身体に吸収されますので、くれぐれもバランスのよい食事を心がけましょう。

 

 

抗酸化作用に優れた栄養素や成分
 ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、ベータカロチン、カテキン、αリポ酸、アスタキサンチン、セサミン・セサミノールなど

 

 

抗酸化作用に優れた食品
 緑黄色野菜、ほうれん草、ピーマン、モロヘイヤ、レモン、いちご、キウイフルーツ、大豆、さつまいも、じゃがいも、トマト、ピーナッツ、アーモンド、イカ、鮭、イクラ、リンゴ、ブルーベリー、柿、コーヒー、胡麻、パセリなど

 

 

上記は積極的に摂取したい栄養素や食品ですが、逆に控えたほうがよいものも。

 

それが動物性の脂肪。もちろん、まったく摂取しないのは問題。

 

過剰に摂らないよう注意して。また、アルコールの大量摂取も活性酸素の発生を促してしまいます。

 

抗酸化とは別に、アンチエイジング法であるデトックスの観点からは、植物繊維の摂取を。

 

食物繊維が排便を促すことはよく知られています。腸内にたまった毒素を排出しましょう。

 

 

食物繊維を多く含む食品
海草類、玄米、こんにゃく、さつまいも、ごぼう、えのき茸、キャベツなど

 

 

このほか、オリゴ糖は食物繊維に近い働きをするといわれていますし、キチン・キトサンにも便通をよくする働きが、アスパラガスなどに含まれるアスパラギン酸には体内の老廃物を処理する作用があります。