加齢臭 女性

女性の加齢臭について

 

男性・女性を問わず、年齢を重ねれば、身体にはさまざまな変化が現れます。

 

その変化にともなって発生するもののひとつが加齢臭。

 

しかし、加齢とともに出る体臭が加齢臭として認識されるずっと以前から「オジさんくさい」という言葉が存在していたように、加齢臭は男性特有のものというイメージがあります。

 

これは、加齢臭の原因に起因するイメージでしょう。

 

加齢臭の原因はノネナールという物質で、皮脂に含まれる脂肪酸が酸化することによって発生します。

 

もともと男性は、男性ホルモンの働きによって皮脂分泌が女性よりも活発です。

 

また、男性は脂肪酸を酸化させる活性酸素を抑える力が弱いといわれています。

 

つまり、男性は女性に比べ、ノネナールを発生させやすいのです。

 

男性ホルモンが皮脂分泌を活発にするように、女性ホルモンもまた特有の働きをします。

 

それが、酸化を抑制する効果。この働きにより、皮脂から出た脂肪酸が酸化しにくくなるのです。

 

また、一般的に男性よりも女性のほうが体臭を気にかけたり、身体を清潔に保つことに気を配っていたり。

 

体臭を気にかけていれば、対策を行うことにもつながりますし、身体を常に清潔に保つことは、身体の表面に出た加齢臭のもとを取り除くことになります。

 

加齢臭の発生は仕方のないことだとしても、発生した加齢臭を放置しないこと。

 

これが他人に不快な思いをさせるほどのニオイを発生させないポイントです。

 

これらが、加齢臭は男性特有というイメージにつながっているのではないでしょうか。

 

しかし、加齢臭は決して男性だけに発生するものではありません。

 

閉経後は女性ホルモンが減少します。

 

これは、酸化を抑制する効果も減るということ。

 

女性も男性と同様に皮脂を分泌しているわけですから、きちんと対策を練りたいものです。